ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

土と対話命見いだす 藤沢・北澤さん陶芸作品展

(11/5)
土の質感を生かし、自然な色合いに仕上げた焼き締めの皿や花入れを展示している北澤さん

土の質感を生かし、自然な色合いに仕上げた焼き締めの皿や花入れを展示している北澤さん

 一関市藤沢町大籠の陶芸家北澤与志夫さん(68)の作品展は、同市赤荻字外山の喫茶店「風聞園」で開かれている。釉薬(ゆうやく)を使わず、土の質感を生かして焼き締めにした陶芸品を展示し、来場者を魅了している。6日まで。

 北澤さんは、群馬県出身。高校卒業後から陶芸の修業に励み、作業に適した環境を求めて1972年に同町に移住。84年、自身の窯として「瑞衡(ずいこう)窯」を構えた。

 同店での作品展は8回目。シンプルな見た目の高台皿やつぼ、生命の誕生と死をイメージして造形した花入れ「胎(たい)シリーズ」など約20点を並べている。まき窯の灰などが表面に付着した状態で焼成し、茶色がかった黒など自然な色合いに仕上げられている。

 作品の中にいかに命を見いだすかを大切にしているといい、「より良い物を作ろうというエネルギーが、作品となって表われる。自分の技術を確かめながら、一生の中で一番大事な仕事をしているといった気持ちで取り組んでいる」とこだわりを語る。

 後継者で長女の茜さん(30)が同じ窯で制作した焼き物も展示。素朴でかわいらしい雰囲気のコーヒーカップ15点が、来場者の目を引いている。

 展示時間は午前11時30分~午後5時。入園喫茶料800円。