ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

功績たたえ活躍期す 一関文化賞

(11/9)
表彰状を手に一関文化賞受賞を喜ぶ(左から)三浦自治会長、及川理事長、齋藤さん

表彰状を手に一関文化賞受賞を喜ぶ(左から)三浦自治会長、及川理事長、齋藤さん

2団体1人を表彰
 NPO法人一関文化会議所(内田正好理事長)の2016年度一関文化賞表彰式は8日、一関市上大槻街のホテルサンルート一関で行われた。受賞の2団体1人に表彰状を贈り、地道な活動と功績をたたえるとともに一層の活躍に期待した。

 受賞者は生活文化部門が室根町第12区自治会(三浦幹夫自治会長)、芸術文化部門はいわい美術振興協会(及川功至理事長)、人づくり部門は一関市萩荘字上大桑の農業齋藤初美さん(78)。

 式には受賞者、受賞団体の関係者や会員ら約60人が出席。内田理事長は「今後さらに活動に取り組まれ、一関地方の歴史と文化の創造や継承、発展のため活躍されることを祈念する」と式辞を述べ、受賞者に表彰状を手渡した。

 受賞者あいさつで三浦自治会長は「『森は海の恋人』活動を通じて得たものは、協働の取り組みが住民に浸透していること。さらに努力し市の発展に精進する」、及川理事長も「文化を守り、継承するのは今を生きる私たちの責任。今後も活動を続けていく」と決意。齋藤さんは「受賞を大変うれしく思う。一関の文化を盛り上げる手伝いができるよう頑張る」と意欲を見せた。

 一関文化賞は、文化・芸術の振興、活力あるまちづくりなどの分野で地道に研究、活動を重ねている個人、団体を顕彰する制度。今年度で26回を数える。