ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

旬の味覚 全国へ ふるさと便発送始まる

(11/11)
一関ふるさと便「冬の便」で届けられる農産物など。全国発送が始まった

一関ふるさと便「冬の便」で届けられる農産物など。全国発送が始まった

 2016年度一関ふるさと便「冬の便」(実行委主催)の出発式は10日、一関市中里のJAいわて平泉西部営農振興センターで行われ、農産物や特産品など一関地方の“旬の味覚”の全国発送が始まった。

 同ふるさと便は、古里を離れて暮らす人たちに地元農家が生産した特産品を届けることで、他地域との交流促進や産地力強化、生産者の意欲向上につなげようと1987年から毎年実施され30年目。冬の便はひとめぼれやサンふじ、サトイモなど、この秋に収穫された農産物などを取りそろえ、北海道から九州まで各地に届けられる。昨年は480件の配送があり、このうち曲りネギが200件と人気を集めた。

 式では、実行委会長の勝部修市長に代わり、長田仁副市長が「今年は気候に恵まれて農作業も順調に進み、おいしい食材を提供できる。多くの方々に堪能していただきたい」とあいさつ。同副会長で同JAの佐藤鉱一組合長は「新米、野菜、いわて南牛に今年は米麺も含め13種類の品ぞろえ。贈る人、贈られる人の心を大切にしながら、愛され、喜ばれるふるさと便に向けて内容充実を図っていきたい」と述べた。

 長田副市長、佐藤組合長、千葉長吉同JA常務理事によるテープカットや乾杯で出発を祝い、いわて純情むすめが安全を願ってトラックのドライバーに花束を手渡した。

 同日は、特産品セットなど36ケースが北海道や関東、関西方面に送られた。冬の便の申し込みは12月8日まで受け付け、同15日まで毎週木曜日に発送される。問い合わせは同JA園芸課=0191(23)9173=へ。