ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

ヘルシー弁当いかが 中華と給食風

(12/9)
ホーマス・キリンヤの社員(左2人)と弁当のメニューについて話し合う修紅短大食物栄養学科の2年生

ホーマス・キリンヤの社員(左2人)と弁当のメニューについて話し合う修紅短大食物栄養学科の2年生

修紅短大生考案、販売へ

 一関市萩荘の修紅短大食物栄養学科の2年生は、ホーマス・キリンヤ(本社同市大町、高柳卓也代表取締役社長)と協力し、冬季限定のヘルシー弁当を考案した。低カロリーで栄養豊富な「ボリューム満点!中華弁当」「なつかしの給食弁当」の2種類で、12日から一関、奥州両市のフードパワーセンターバリューで販売する。

クジラの竜田揚げなどのおかずを詰めた「なつかしの給食弁当」

クジラの竜田揚げなどのおかずを詰めた「なつかしの給食弁当」

 同科では卒業研究として、学生が栄養バランスを考慮したオリジナルレシピを開発。2015年度から健康志向の食品マーケティングを進める同社とコラボしてヘルシー弁当を考案し、販売することにした。

 今年度は2年生7人が2グループに分かれてアイデアを出し合い、授業で学んだ知識を生かしてメニューを決定。弁当の需要が高い30~40代男性をターゲットに、同社商品事業部本部デリカ部門長の佐藤宏行さんらとキャッチコピーを考えたり、宣伝用の写真を撮影したりして商品PRにも理解を深めた。

こんにゃく入りチャーハンなどが入った「ボリューム満点!中華弁当」

こんにゃく入りチャーハンなどが入った「ボリューム満点!中華弁当」

 「ボリューム満点!中華弁当」は、低カロリーのこんにゃくを混ぜたチャーハンや塩分控えめに仕上げたサバの甘酢あんかけ、カルシウム豊富なしらすや小松菜入りのごまあえなどを詰め、栄養たっぷり。「なつかしの給食弁当」は、ターゲット層が子供の頃に親しんだ学校給食をイメージし、クジラの竜田揚げや切り干し大根のサラダなどをおかずとし、主菜にコッペパン、デザートにミカンを付けた。

 中華弁当を考案した高橋里実さん(19)は「カロリーなどを計算するのは大変だったが、減塩の工夫を凝らしておいしく仕上がった」と満足げ。給食弁当を担当した西舘唯さん(20)は「クジラでミネラル、サラダでカルシウム、ミカンでビタミンが豊富に摂取できる。懐かしいメニューを多くの人に味わってほしい」とアピールする。

 価格はいずれも450円(税抜き)。フードパワーセンターバリューの一関、千厩、摺沢、水沢の各店舗で来年2月ごろまで販売する。15日は同市山目の一関店で学生による商品PRを予定している。

 佐藤さんは「学生のアイデアは素晴らしい。どちらの弁当もボリュームたっぷりで満足度が高いので、人気が出ると思う」と期待していた。