ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

伝統工芸 身近に 平泉五感市 作り手が魅力紹介

(12/18)
平泉五感市で木製スプーンの漆塗りを体験する来場者

平泉五感市で木製スプーンの漆塗りを体験する来場者

 県南の工芸とその作り手が集う体験型イベント「平泉五感市」(いわて県南エリア伝統工芸協議会主催、県南広域振興局共催)が17日、平泉町平泉字衣関の翁知屋で始まった。漆塗りや染め物、彫金、鉄器、木工などの展示や販売、体験が行われ、来場者が一つ一つ手に取って選んだり、作り手の話を聞いたりして工芸の魅力に触れている。18日まで。

 秀衡塗の翁知屋をはじめ、岩谷堂箪笥(だんす)の藤里木工所(奥州市)、各種染め物の京屋染物店(一関市)、岩谷堂箪笥のIwayadocraft(奥州市)、南部鉄器の佐秋鋳造所(同)の5事業所が参加。

 作り手が消費者に工芸の魅力を直接伝える試みで、伝統技術を生かした業界の活性化と次世代の育成につなげようと初めて企画した。

 会場には伝統工芸はもとより、伝統の技術を生かした漆塗りのブローチ、彫金や鋳物のストラップ、藍染めのトートバッグなど気軽に日々の暮らしに取り入れられる製品が並ぶ。南部鉄瓶で沸かした湯を味わうコーナーや、初日は木製スプーンの漆塗りや藍染めが体験できるコーナーも設けられた。

 木製スプーンの漆塗りを体験した一関市花泉町の佐藤正子さん(60)は「工芸にはあまり関心がなかったが、体験を通じてさまざまな場面に技術が生かされていることや、作り手の思いを感じることができた。暮らしの中でいろいろ試してみたい」と関心を寄せていた。

 18日は午前10時~午後3時。漆塗りと彫金の体験ができる。