ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

ジュニア頂点に挑む 千厩小6年金野君 楽天チームで出場

(12/22)
楽天ジュニアのメンバーとしてNPB12球団ジュニアトーナメント2016に出場する金野君

楽天ジュニアのメンバーとしてNPB12球団ジュニアトーナメント2016に出場する金野君

12球団トーナメント

 一関市千厩町の金野佑楽君(千厩小学校6年)は、東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアチーム(通称・楽天ジュニア)のメンバーとして27日に宮崎県で開幕するNPB12球団ジュニアトーナメント2016に初めて出場する。12球団ジュニアチームのナンバーワンを決める大会で、金野君は「小学校の野球生活の集大成として最高の形で締めくくりたい」と気持ちを高めている。

 同大会は、日本野球機構とプロ野球12球団が連携し、子供たちにプロ野球への夢をより身近に持ってもらおうと2005年に始まった。今年は27~29日の日程で、3チームごとのグループリーグ、決勝トーナメントで優勝を争う。

 金野君が所属する楽天ジュニアは、東北地方の児童18人で構成。本県からは金野君を含む6人がメンバーに選出され、10月から仙台市で始まった強化合宿に参加。金野君は基本の打撃や守備練習、長い距離のランニングメニューなども数多くこなし、力を付けてきた。他球団のジュニアチームとの練習試合では本塁打を放つなど活躍を見せ、実戦経験も積むことで自信につなげてきた。

 小学3年生から野球を始め、千厩少年野球クラブに所属。内野手で、バッティングは勝負強さと長打力が持ち味。副キャプテンとしてチームをまとめ、今年はマクドナルド・トーナメント東磐井地区予選で優勝、県大会でベスト4の好成績を収めた。

 楽天ジュニアのメンバー入りが決まった時について「ずっと出てみたいと思っていたのでうれしかった」と心境を語る。ジュニアチームは元気があり楽しい雰囲気で、仲間ともすぐに打ち解けたという。楽天ジュニアでも副キャプテンを任され、練習では大きな声を出してチームメートを引っ張っている。

 父修さん(43)と母美幸さん(38)は「トップレベルの選手が周りにたくさんいる中、プレッシャーを感じながらも高い意識を持ってやっているのが分かる」と話し、息子の奮闘する姿を見守っている。千厩小の戸田良一校長は「人生の中でとても良い経験になる。次のステップにつながるよう大いに期待したい」とエールを送る。

 最終合宿は23日から仙台市で行われる。金野君は「守備力を上げるため連係プレーを強化したい。大会では練習したことがそのまま試合で出せるように、個人としてはホームランを打って12球団の中で日本一になりたい」と闘志をみなぎらせている。