ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

餅料理囲み思い出語り 藤沢・徳田

(12/25)
餅料理で会食し触れ合いを深めた藤沢町徳田地区の交流会

餅料理で会食し触れ合いを深めた藤沢町徳田地区の交流会

 一関市藤沢町の徳田地区で24日、東日本大震災の被災者を招いた交流会が開かれた。2011年から続いている年末の恒例行事で、地区の女性たちが腕を振るった餅料理を囲み、近況やこれまでの思い出を語り合い、絆を確かめた。

 同地区は震災直後に被災地支援に乗り出し、ふれあい絆水田「がんばっ田」を設け、被災者や町内に避難した人たちと一緒に田植え、稲刈りを通じた交流を図り、収穫した米の寄贈などを続けている。

 交流会は正月用の餅を贈ろうと始まった。郷里に自宅を再建したり、災害公営住宅に移ったりして参加者は少なくなったが、会場の徳田交流館には陸前高田市、宮城県南三陸町の出身者3人と住民9人が集まった。

 呼び掛け人の一人で、農地・水・環境保全向上委員会徳田地区活動組織の千葉あきひろ代表(68)は「交流会は6年目となった。餅料理を会食しながら思い出を語り、みんなで活動を振り返りたい」とあいさつ。

 自治会女性部のメンバーが前日から準備したあんこ、引き菜、納豆、わさびの餅料理が振る舞われ、和やかに懇談しながら味わった。

 藤沢町内で2年間暮らした後、郷里の南三陸町に住宅を再建した阿部八代子さん(63)は「郷里に戻ってからも、毎回参加している。餅料理の種類が多いのが楽しみで、思い出がいっぱい」と語っていた。