ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

来春、地元就職の高校生 歴史や文化学び交流

(12/29)
次回の活動について意見を出し合うSENMAYA未来ゼミなーるの参加者

次回の活動について意見を出し合うSENMAYA未来ゼミなーるの参加者

古里SENMAYA もっと

 地元就職が決まっている県立千厩高校の3年生を対象にした「SENMAYA未来ゼミなーる」(一関市主催)は27日、同市千厩町内で開かれた。来春から社会人になる生徒に地域理解を深めてもらうための初めての企画で、移動研修や食事会、ワークショップなどを通じて古里の魅力再発見に役立てた。

 千厩地域青年活動支援事業の一環で、将来のまちづくりを担う生徒に仲間づくりとともに、地域のことを知ってもらうことが狙い。今月中旬に実施した千厩を語るワークショップに続く企画で、「千厩を知る、学ぶ」をテーマに市内企業に内定している12人が参加した。

 生徒はマイクロバスで町内を巡り、千厩の地名発祥の地や黄金山、金山一揆結集の地、千厩酒のくら交流施設、せんまや街角資料館などを見学。奥玉市民センターでは、地元食材を使った野菜たっぷりの鍋料理を作って食事を楽しんだほか、今後の活動について意見を出し合った。

 次回の活動としてはスキーやスケート、雪合戦などのウインタースポーツのほか、観光地巡り、工場見学などのアイデアが出された。詳細を詰め、2017年2月ごろにイベントを開く予定。

 参加した菊池美紗さんは「街角資料館では養蚕の資料や昔の日用品などを見て、千厩について知らないことがいっぱいあることが分かった」と驚いた様子。尾形朋哉君は「千厩に住んでいながら地名発祥の地に行ったのは初めてだったので新鮮だった。みんなで楽しく活動しながら地元以外の人にも千厩の歴史を伝えたい」と話していた。