ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

平和願う「ハス」続々 来月まで展開 7万個目標に

(1/8)

世界遺産連携推進実行委折り紙プロジェクト

3市町の観光施設や宿泊施設などに設置されているハスの花の折り紙を入れた箱=ゴールドレンタ平泉

3市町の観光施設や宿泊施設などに設置されているハスの花の折り紙を入れた箱=ゴールドレンタ平泉

 世界遺産連携推進実行委員会の「『ハスの花』おり紙による世界平和の祈りプロジェクト」で、地域住民や観光客らが制作したハスの花が、同プロジェクトの事務局を務める県南広域振興局に続々と寄せられている。平泉世界遺産登録5周年を機に、平泉の文化遺産に込められた平和への願い、共生の理念を発信しようと始めた運動で、2016年11月末現在で5万3839個が届けられている。

 昨年6月29日から一関、奥州、平泉の3市町を中心とした観光施設、宿泊施設55カ所に「世界平和の祈り」「震災復興・希望の光」などのメッセージを印刷したオリジナルの折り紙を設置。希望郷いわて国体の開・閉会式おもてなし会場の来場者、3市内の全小中学校92校にも配布して参加を呼び掛けた。

 現在、盛岡市のもりおか歴史文化館、らら・いわて盛岡店、宮城県栗原市の伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターなどにも設置。花巻、北上、遠野3市内の小中学校8校へも配布した。

 実行委では当初、2万5000個を目標に取り組んできたが、8月末で既に2万1000個余りが集まったため、目標を5万個に上方修正。さらに児童生徒の参加が大幅に伸びたことや、3市町以外にも取り組みの輪が広がっていることを踏まえ、2月末までの期間中、7万個を目標に参加を呼び掛けることにした。

 プロジェクト事務局の県南広域振興局経営企画部観光商業・食産業課では「ハスの花の折り紙は難しそうに見えるが、やってみると意外と簡単で夢中になれる」と参加者数が増えている背景を分析。堀江淳局長は「引き続き協力施設を通じて参加を呼び掛けていきたい」と話している。

 集まったハスの花は、町内に展示する予定。問い合わせは同課=0197(22)2812=へ。