ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

リングで闘志前面 一関出身プロレスラー泰里さん

(1/10)
女子プロレスラーとなり、全力ファイトを誓う泰里さん

女子プロレスラーとなり、全力ファイトを誓う泰里さん

昨秋デビュー
活躍期し精進

 現役大学生で一関市出身の女子プロレスラー泰里さん(22)=本名小山泰里=がリングで躍動している。女子プロレス団体「REINA女子プロレス」に所属し、2016年10月にデビュー。子供の頃からの夢をかなえてさらなる高みを目指し、闘魂を燃やしている。

 同市三関字小沢出身。3、4歳の頃からプロレス好きの父親・晋さん(52)に連れられてみちのくプロレスを観戦し、興味を持つようになった。

得意のドロップキックで攻勢を仕掛け、デビュー戦を勝利で飾った

得意のドロップキックで攻勢を仕掛け、デビュー戦を勝利で飾った

 宮城県の石巻専修大に進学後、学業の傍ら山形県の社会人プロレス団体で音響スタッフとして活動した。3年生の時、同団体のスタッフらに「そんなに好きなら目指した方がいい」と言われてプロレスラーになることを決心。REINA女子プロレスの門をたたいた。

 当初は反対していた両親も、泰里さんの意志を尊重。週3、4回のペースで宮城県から東京都の練習場に通い、厳しいトレーニングを重ねる日々が続いた。

 昨年10月28日に東京都の後楽園ホールで行われたデビュー戦は、15分一本勝負。リングサイドに地元の友人や親戚が応援に詰め掛ける中、得意技のドロップキックで攻勢を仕掛け、最後は十字架固めで相手をマットに沈めて初陣を勝利で飾った。

 これまでの戦績は3勝8敗で、卒業後はプロレス一本に絞るという。晋さんは「(昨年11月に)福島県のチャリティー大会に出場し、戦う姿には感動した。プロレスで岩手、東北に貢献して、皆さんから愛される選手になってほしい」とまな娘を見守る。

 憧れのレスラーはザ・グレート・サスケ選手。子供の頃に観戦に訪れるたびに「大きくなったね」などと声を掛けられたことを覚えており、「私もサスケさんのようにファンを大切にするレスラーになりたい。ゆくゆくはマスクを着けて戦えれば」とはにかむ。

 「まだまだ始めたばかり。けがを恐れずに常に立ち向かっていきたい。そしていつか、一関で試合をしたい」と泰里さん。地元凱旋(がいせん)を夢見て、全力ファイトで挑むことを誓う。