ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

生きること大切に 平泉 復元納棺師笹原さん 命の尊さ語る

(1/13)
「生きていることを意識して」と語り掛ける笹原さん

「生きていることを意識して」と語り掛ける笹原さん

 平泉町が主催する「こころの健康講演会」が12日、同町平泉のホテル武蔵坊で開かれた。北上市にある株式会社「桜」代表取締役の笹原留似子さんが、復元納棺師として数々の死別に接してきた経験を踏まえ、生や命の尊さについて語った。

 自殺予防対策事業の一環として開かれ、町民を中心に約60人が聴講した。

 笹原さんは、震災発生直後に警察が管轄する遺体安置所を回り、傷ついた遺体を遺族の要望を受けて生前の姿に復元していった活動を回顧。「ご遺族との出会いから、たくさんのことを学んだ。大事な人を思い続ける人たち、心の中で生き続ける方々を笑顔にしたい」と自らの仕事に懸ける思いを明かし、復元作業については「人には個性がある。生きた証しを見つけ、その人を〝作る〟のではなく〝戻す〟という形を取る」と説明した。

 「子供たちが集まれる場所をつくろう」との思いから大槌町に2013年に開設した「子ども夢ハウスおおつち」での出来事も紹介。子供たちの写真を撮影すると、震災で亡くなった家族が写るような不思議な現象も珍しくないといい「オカルトとして終わらせるのではなく、一緒に死を考えていく大事な材料として意味や関わりを考える。『今生きている』と意識して生きることを亡くなった人も願っているのでは」と語り掛けた。

 参加者の中には、沿岸被災地から内陸に移り住んできた人も。大槌町出身で平泉町在住の藤原久悦さん(70)は「東京から大槌の実家に帰ってきた時に震災に遭い、屋根に上がって津波から助かった。きょうは非常に前向きな話を聞けて良かった」と話していた。