ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

復職目指し現状学ぶ 市、元保育士対象に研修会

(1/30)

保育人材の確保に向け初めて開催された「保育士talking inいちのせき」

 保育人材の確保に向けた一関市主催の研修会「保育士talking inいちのせき」は29日、同市山目の一関保健センターで初めて開かれた。資格を持ちながらも現在は職を離れている元保育士ら5人が参加し、講話と施設見学のほか、現役保育士との懇談を通じて市内待機児童数の現状や人材不足解消に向けた取り組み、市の子育て支援策、保育現場の実態などに理解を深めた。

 多様な保育ニーズへの対応が課題となっている中で、同市は2016年度当初の待機児童数が県内で最も多い状況にある。需要に対応しようと、小規模保育事業や家庭的保育事業の拡大を図る一方、保育現場の人材確保に向けた登録制度「保育士等人材バンク」を創設して「潜在保育士」と呼ばれる有資格者の現場復帰支援にも取り組んでいる。

 同日は、市子育て支援課の千葉敏紀課長があいさつを兼ねて15年4月にスタートした子ども・子育て支援新制度を中心に保育現場の現状を解説。認定区分に応じて利用できるサービスの種類や幼稚園と認定こども園の違いのほか、17年度に開設を予定している保育事業所など、市独自の取り組みも紹介した。

 講話では、ニチイ学館盛岡支店保育課の松舘美穂さんが「信頼される保育のために」と題して子供の虐待や気になる子供の対応などを説明した。保護者への支援と対応について松舘さんは「人間にはそれぞれ価値観があるが、皆さんが思ったことと保護者の考えが違ったとしても、傾聴することが基本。一般論や常識を押し付けないで、一人ひとりに寄り添っていくことが大事だ」と呼び掛けた。

 参加者は、資格取得の状況や過去の経験などを講師とやり取りしながら、講話のポイントをメモするなどして現状への理解を深めていた。