ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

川崎・もぐもぐの里 赤い実たわわ 4日からイチゴ狩り

(2/2)

4日にイチゴ狩りの営業を始める観光いちご園「もぐもぐの里」

 一関市川崎町門崎の観光いちご園「もぐもぐの里」(千葉昭弘代表取締役)は、今季のイチゴ狩りを4日に始める。ハウス内では日差しをたっぷり浴びて赤く色づいたイチゴがたわわに実り、一足早く春の訪れを楽しめそう。

 もぐもぐの里は、5連棟のハウスと2単のハウス合わせて25アールで「とちおとめ」「さちのか」の2品種、およそ1万5000株を栽培している。

 昨年末は寒さで収穫が遅れたが、年明けからは好天が続き順調に生育。ハウスでは青々と茂った葉と白い花の間に、真っ赤な大粒の実が並ぶ。

 イチゴ狩りの営業は土日・祝日の午前10時~午後3時(受け付けは2時30分まで)で、5月下旬までの予定。

 入園料は中学生以上1300円、小学生1100円、3歳以上の未就学児800円。2歳以下は無料。時間制限はないが、収穫期のイチゴがなくなったら閉園する。

 千葉代表取締役は「ゆっくりイチゴ狩りを楽しみ、味の異なる2種類のイチゴを食べ比べてほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同園=090(6854)4569=へ。