ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

住民自治の前進を 藤沢 地域づくりフォーラム

(2/6)

徳田、大籠地区による活動発表も行われた地域づくりフォーラム

2地区が活動発表

 一関市藤沢町の町住民自治協議会(千田博会長)が主催する「地域づくりフォーラム」は5日、藤沢文化センター「縄文ホール」で開かれ、各地域の活動発表や講演を通じ、協働のまちづくりの推進と、地域づくり計画のスローガンに掲げる「人と人とが結び合い、絆あふれる藤沢」の実現を目指した。

 各自治会の役員や住民ら約250人が参加。開会行事で千田会長が「住民が自らの意思と責任で進める住民自治のさらなる前進につながるよう期待したい」とあいさつ。

 徳田、大籠の両地区と、住民自治協議会「活力あるまちづくりチーム」などが活動発表。県立大准教授の佐藤哲郎さんの講演「高齢者福祉と地域づくり」が行われ、藤沢の将来の姿を考え合った。

 徳田地区は2016年11月に実施した「地域のお宝探し事業-黄金山へ登ってみよう」、大籠地区は藤沢市民センター協働提案事業として実施した「子どもたちによる情報発信事業」を紹介。

 このうち、徳田地区自治会協議会の星良雄会長は、黄金山の山頂や古里の姿を上空から撮影したドローンによる映像を使いながら「今後は埋もれた名所や史跡の整備、桜の名所を目指した取り組みを進めたい」と述べた。

 講演では、持続可能な地域づくりをテーマに住民自治協議会との地域協働研究に携わる佐藤さんが住民自治を積み重ねてきた経験、人材を「藤沢の強み」として挙げ、「地域づくりを通じた住民の主体形成と、それを促すスキルを持った専門職の役割が求められる」などと呼び掛けた。