ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 
コラム 記者ワープロ

鶏舞、次は任せて 黄海小 練習成果を披露

(2/15)

6年生の前で、伝承の誓いを新たに鶏舞を披露する黄海小の3~5年生

 一関市藤沢町の黄海小学校(和田敦子校長、児童91人)で14日、児童たちが踊る鶏舞の引き継ぎ式が行われた。練習を重ねてきた後輩たちが6年生の見守る中、躍動感ある舞を披露し、伝統を受け継ぐ決意を示した。

 引き継ぎ式は全校児童が参加して行われ、和田校長は「6年生の立派な踊り、思いを引き継いでほしい」とあいさつ。6年の及川章子さんが「しっかり引き継ぎ、私たちよりきれいに踊ってください」と託し、5年の熊谷豪君が「さらに精進して全力で踊りたい」と誓った。

 6年生から5年生へ舞で使用する錫杖(しゃくじょう)が手渡され、6年生と見学の1、2年生の前で3~5年生42人が扇や錫杖を手に舞い、鈴の音と「ソーレ」の掛け声が響いた。

 同校の鶏舞は、PTA有志が伝承してきた黄海地区に伝わる鶏舞をアレンジし、体を回転させたり、大きく移動したりと躍動感あふれるように工夫を加えたオリジナルで、2002年から踊られている。

 運動会で披露しているほか、1月の藤沢町子ども郷土芸能発表会には6年生19人が出演し、迫力ある踊りを披露した。6年生は3学期から昼休みなどを利用し、初めて踊る3年生への指導も行い、伝統の舞を後輩に託した。