ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

もちもちしておいしい 大東、東山

(3/2)

有機栽培のお米を頬張る大原小の5年生

給食に有機米
 有機米生産者と児童の交流会が1日、一関市大東町の大原小学校(小島正明校長、児童146人)で開かれた。5年生30人が農薬や化学肥料を使わずに育てられた有機米の給食を味わい、生産者から自然のままに育てることの大切さや難しさについて学んだ。

 同日は、大東学校給食センターが管轄する大東町と東山町の小中学校1550食に、一関地方有機農業推進協議会などから提供された有機米「ひとめぼれ」が使われた。同センターでは年4回給食に有機米を使用している。

 同協議会の小島幸喜代表と北部農業技術開発センターの伊東鉄郎さんが5年生教室を訪問。一緒に給食を食べて交流したほか、紙芝居を使って有機農業の特徴を解説した。

 田んぼの中で行われている食物連鎖について説明した小島さんは「虫をカエルが食べ、そのカエルをザリガニが食べるという関係の中で、農薬で虫がいなくなると生態系のバランスが崩れることにもつながる。化学肥料や農薬を使わない有機米は、ミネラルやビタミンがたっぷり含まれている」とPRした。

 勝部優雅君は「有機米は、いつものお米よりももちもち感があっておいしい」と話し、口いっぱいにご飯を頬張っていた。