ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

胸打つ村人の固い絆 千厩・どっから座

(3/13)

「いにしえの学び舎 ばぁひところ」

おば様を慕う村人の人情味あふれる演技が涙を誘ったどっから座公演「いにしえの学び舎 ばぁひところ」

 一関市の千厩地域市民劇場・どっから座第14回公演「いにしえの学び舎(や) ばぁひところ」(実行委主催)は12日、同市千厩町の千厩農村環境改善センターで上演された。今から1200年ほど前、町内に実在したとされる花嫁修業の場「婆懐(ばぁひところ)」が舞台で、役人を相手にした村人たちの固い絆が観客の胸を打ち、涙を誘った。

 教養豊かなおば様が知識と技術を娘たちに伝授する、男子禁制の「婆懐」を舞台に、前半はここで学ぶ村の娘と、村の若者たちを描いた青春群像劇。後半はおば様を慕う村人の人情味あふれる物語。

 村の反逆を疑い、村長とおば様を西国へ流罪にしようとする役人と対峙(たいじ)し、おば様を救おうと、互いにかばい合う村人たちを描いたシーンは終盤の見どころ。熱のこもった演技が観客を引き付け、見る人の心を熱くした。

 村人の懇願に役人の誤解も解け、豊作を喜ぶ太鼓が村に響くラストには、地元の八幡太鼓のメンバーが登場し、勇壮な演奏を披露。観客と約50人のキャスト、スタッフが一体となって盛り上がった。

 町内の千葉エツさん(68)は「一人ひとりの演技がしっかりしていて、見ていて楽しい。終盤の村人たちが助け合うシーンはすごく良くて、涙が出るほど感動した」と感激の様子。

 おばば役の尾形和枝さん(68)=同町小梨=は「せりふが多く練習では心配もあった。皆さんに感動していただいて良かった」、村の娘はなを演じた高校生佐藤琳桃さん(17)=同町奥玉=は「練習以上の出来。はなになり切って演技できた」と笑顔を見せていた。