ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

鶴亀算和歌で解く 県和算研会誌第9号 高校生の取り組み紹介

(3/17)

県和算研究会が発行した会誌第9号。高校生の研究などを盛り込み、充実した内容となっている

 県和算研究会(菅原通会長、会員57人)は、会誌第9号を発行した。江戸時代の数学「和算」をテーマに、会員の1年の活動成果を報告しているほか、県内の高校生が取り組んだ和算研究についても紹介し、充実した内容となっている。

 会員ら15人の研究成果を掲載。宮城県塩釜市の塩釜神社に奉納された算額(数学絵馬)の難題の解き方をはじめ、盛岡藩の和算家の系図と業績、一関市博物館と共催する公募企画「和算に挑戦」の問題と受賞者のスピーチなどを取り上げている。

 このうち盛岡三高で和算に取り組む生徒たちは、和歌と数学の関係などについて研究。江戸時代の和算家が詠んだ鶴亀算の和歌を使って簡単な問題を解いたほか、三角形の内接円を求める公式を使ってオリジナルの和歌を詠んでいる。昨年3月にシンガポールで研究発表したといい、その際に活用した英訳版も併せて収録している。

 菅原会長は「今回は難しい問題に挑戦した会員が多く、いつもよりも濃い中身となっている。和算が好きな人にはぜひ手に取ってほしい」と話している。

 A4判100ページ。300部を印刷し、市博物館などで500円(税込み)で販売している。問い合わせ先は菅原会長=0191(26)4379=。