ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

「浄土の館」7月開業へ 平泉に宿泊交流体験施設完成

(3/29)

延年荘を改修して整備された宿泊交流体験施設「浄土の館」の宿泊室

情報発信拠点に

 平泉町が同町平泉字毛越地内で整備を進めてきた宿泊交流体験施設「浄土の館(たち)」が完成した。世界遺産平泉の浄土思想に関する学習の場や、観光客らの宿泊・体験に利用する一方、まちの情報発信拠点としても活用し、地域の活性化と観光振興を図る。町は今後、管理運営を行う団体の育成支援と開業に向けた準備を進め、7月のオープンを目指す。

 新平泉町総合計画後期基本計画(2016~20年度)で、世界遺産を観光や産業の振興、町民生活の豊かさの実現につなげていく「“浄土のまち平泉”プロジェクト」に位置付けられた事業。

 宿泊施設が少なく観光客の滞在時間が限られる現状を踏まえ、地域住民との交流や宿泊できる機能を備えた浄土思想の伝承と体験のための施設として整備した。

 施設は老朽化で利用を中止していた木造平屋建て、床面積約300平方メートルの旧老人憩いの家「延年荘」を改修した。宿泊室5室(洋室2室、和室3室でうち2室は大広間を兼ねる)、談話室、厨房、男女トイレ、シャワー室2室、脱衣室、事務室、管理人室などで構成。

 無休で開館時間は午前9時~午後9時、宿泊利用は素泊まりで午後3時から翌日午前10時までとし、管理運営は指定管理者が行う。

 施設整備は2015年度国の地方創生加速化交付金事業に採択され、今年度に事業を繰り越して進めてきた。整備費は約4600万円で、うち国の地方創生加速化交付金約2600万円を活用した。

 施設は若者の就業支援、雇用創出の場にも位置付けられており、町は経営参画を希望する若者を募り管理運営を行う団体として育成していく。