ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

ミズバショウ、ザゼンソウ 春の野で紅白競演

(4/3)

春の日差しを浴びて顔を出したザゼンソウ

 一関市厳美町字上菅生沢地内で、ザゼンソウとミズバショウが顔を出し始めた。対照的な色合いの〝春の使者〟が、地元住民たちを和ませている。

 ザゼンソウは、道路脇の湿地に自生。僧が座禅する姿に似ていることから名付けられ、雪解けが始まる3月下旬に開花する。花のように見えるえんじ色の仏炎苞(ぶつえんほう)が印象的だ。

 ミズバショウは、山林の湿地に群生。美しい純白の仏炎苞があちらこちらで開き、幻想的な光景を演出している。

湿地に群生するミズバショウ

 地元の骨寺村荘園交流館(若神子亭)によると、ザゼンソウは今月上旬に見頃を迎え、ミズバショウは5月ごろまで楽しめるという。

 近くに住む90代の女性は「今年も春が来たなという気持ちになる。どちらもかわいらしく、これからもずっと厳美で咲き続けてほしい」と願っていた。