ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

蕎麦田さん(一関出身演奏家)北の方 東下り行列主要役者

(4/5)

秀衡に藤澤社長(めんこいテレビ)

 平泉町の平泉観光協会は4日、春の藤原まつりのメイン行事「源義経公東下り行列」(5月3日)の主要役者を発表した。藤原秀衡役には岩手めんこいテレビ代表取締役社長の藤澤利憲さん(64)、北の方役には一関市出身のフルート奏者蕎麦田さやかさんがそれぞれ選ばれた。義経役への起用が決まっている人気急上昇中の若手俳優横浜流星さん(21)=スターダストプロモーション所属=と共に、華やかな平安絵巻を繰り広げる。

 西城戸太郎国衡役は東日本旅客鉄道執行役員盛岡支社長の大内敦さん(53)、武蔵坊弁慶役はユアテック岩手支社長の乳井隆明さん(61)、泉冠者泰衡役は県議会議員の千葉進さん(63)。泉三郎忠衡には県商工労働観光部参事で世界遺産推進課長として同町駐在経験のある押切拓也さん(56)が扮(ふん)する。

 金売吉次役はいわて平泉農業協同組合代表理事専務の伊藤龍治さん(65)、吉次舎弟の吉六役は平泉小学校長の吉野新平さん(57)、本吉冠者高衡役は宮城県気仙沼市議会副議長の村上進さん(61)、出羽冠者通衡役は平泉とゆかりのある酒田三十六人衆の末裔(まつえい)に当たる山形県酒田市の会社員佐藤恵太さん(35)が務める。

 主要役者の発表は主催者や関係団体の代表者が出席して町役場で行われ、同協会の泉信平会長、青木幸保町長、中尊寺と毛越寺を代表して中尊寺総務部の菅野澄円執事があいさつ。今月27日の道の駅「平泉」オープンと相まって多くの人出が期待される中、56回を数える源義経公東下り行列を盛り上げることを誓った。

 東下り行列は、兄頼朝に追われ奥州平泉に逃れてきた義経主従を奥州藤原氏3代秀衡が手厚く迎えたという故事を再現した時代行列。武者や待女らを従えた秀衡、義経、北の方ら93人の一行が毛越寺から中尊寺までを練り歩く。今回はまつりの一環で、同町の熊野三社を会場に源義経を題材とした演目を上演する「南部神楽上演会」(南部神楽伝承推進協議会主催)も開かれる。

 同協会ではまつり期間中(来月1~5日)の人出を前年並みの34万人、東下り行列が行われる3日の人出を前年並みの23万人と見込んでいる。