ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

登頂に心晴れ晴れ 室根山山開き 児童ら300人参加

(4/11)

県内のトップを切って行われた室根山山開き。参加者が「万歳三唱」で登頂の喜びをかみしめた

 一関市の室根、大東、千厩の3町にまたがる室根山(895メートル)で9日、県内のトップを切って山開きが行われた。地元の室根東、室根西両小学校の自然愛護少年団、市内外の愛好者ら約300人がシーズンの幕開けを喜びながら頂上を目指して山登りを楽しんだ。

 室根山中腹の登山口に当たる蟻塚公園で開会セレモニーが行われ、山開きを主催する室根山観光協会の小野寺規夫会長が「ここ数日の暖かさで蟻塚公園周辺の雪はだいぶ解けたが、頂上近くにはまだ雪が残っている。残雪も楽しみながら登山してほしい」とあいさつ。長田仁副市長らが祝辞を寄せた。

 アトラクションでは、地元のよさこいチーム「桜室連」が軽快な音楽に合わせて勇壮な舞を披露。代表者によって行われたテープカットを合図に、一斉登山を開始した。

 参加者は険しい急斜面が続く山道を一歩一歩踏みしめるように進み、8合目の室根神社でシーズン中の安全を祈願した。山頂に到達すると、あいにくの曇り空で視界はややかすんでいたものの、眼下に広がる360度の大パノラマがお出迎え。風が強く吹き付ける中、「万歳三唱」で登頂の喜びをかみしめた。

 室根西小6年の畠山友那さんは「急斜面に疲れて諦めそうになったけど、登ってみてきれいな景色を眺めることができて良かった」と充実した表情。釜石市から参加した佐藤憲治さん(67)は「登山が好きであちこちの山に行っているが、室根山の山開きに来たのは初めて。テープカットにも参加させてもらえて良かった。今年もいろんな山に登りたい」と笑顔を見せた。