ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

ストップ特殊詐欺! 被害防止機能付き電話 市、購入費の一部助成

(4/13)

特殊詐欺被害防止につながる機能が付いた電話機や装置。一関市内の家電量販店でも販売されている

 一関市は2017年度に限り、65歳以上の市民を対象に、特殊詐欺被害防止機能が付いた電話機などの購入費を一部補助する。手口が巧妙で多様化する中、電話を受けた高齢者が被害に遭うケースが後を絶たないためで、市は警察と連携しながら未然防止に全力を挙げる。

 県警によると、16年の県内の特殊詐欺被害の認知件数は110件で、被害金額が約1億9900万円。うち一関署管内は5件で約500万円だった。同署管内では、還付金を受け取れるとして、電話で現金自動預払機(ATM)へ誘導する事案もあった。

 今回の事業は、県内で増加傾向にある特殊詐欺の被害を食い止めることが目的で、市は今年度の一般会計当初予算で80万円を措置した。

 補助の対象になる機器は、自動通話録音機能や緊急時連絡ボタン、非通知着信拒否機能など、被害防止につながる仕組みがある電話機や装置。市内の家電量販店やホームセンターなどでも販売されている。

 補助を受けられる対象は65歳以上の市民で、1世帯1台まで。4月~2018年2月末に購入した電話機などに限って補助する。補助金額は購入・設置費の3分の2で、上限は8000円。

 補助希望者は、市生活環境課窓口や市ホームページで入手できる申請書に必要事項を記入し、領収書と取扱説明書、印鑑とともに市役所本庁の生活環境課、または各支所市民課に提出する。申請期限は18年2月末。

 市生活環境課の千葉幸一課長補佐は「家族と同居する高齢者でも、日中は1人になる場合もあると思う。この機会に購入し、防止に努めてもらえれば」と呼び掛けている。

 一関署の獅子内智和生活安全課長は「今月に入り、管内で特殊詐欺とみられる予兆電話が確認されている。被害ゼロを目指す中で、効果が期待できる取り組みだと思う」と話している。

 問い合わせ先は、市生活環境課市民生活係=0191(21)8342=。