ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

公道用カートで平泉観光 渋滞緩和へ社会実験 あすから3日間

(5/2)

道の駅平泉を拠点としたパーク&ライドの社会実験で使用される公道用カート

道の駅で乗り換え

 国土交通省岩手河川国道事務所などは3日から3日間、公道用カートを利用した平泉渋滞解消社会実験を行う。公道用に改良された乗降しやすく開放感があるゴルフカートを観光客の移動手段として活用。国道4号沿いに開業した道の駅平泉で自家用車からカートへ乗り換えることで周遊観光の可能性を検証する。

 岩手河川国道事務所は2016年度から学識経験者や警察、自治体、観光、道の駅、バス・二次交通事業者、高速道路など交通関係機関・団体と共に、道の駅平泉を結節点とした交通システムの勉強会を開催。

 町中の交通量減少による渋滞緩和を図るため、道の駅平泉に自家用車を駐車して多様な二次交通に乗り継いで町中心部に向かうシステム「パーク&ライド」について検討を進めてきた。

 その中でも家族で長距離を移動でき、手荷物も載せられる交通手段としてゴルフ場で使用されている電動カートに着目。床が低いことから高齢者や子供も乗降しやすく、ドアがないため視界が広く開放感があり、景観を楽しみながらゆっくり走行できる。このため観光客の移動に適し、バスなどに比べ導入コストが低く抑えられることから将来性があると考えた。

 社会実験ではゴルフカートをベースに公道を走行できるようウインカーやミラーなどの装備を取り付け、ナンバーを取得したヤマハ発動機の車両を使用。4人乗りの電動で、最高時速20キロで走行でき、フル充電で40キロほど走れるという。

 期間中はゴールドレンタ平泉の道の駅店で運用する。専用ドライバーが送迎し3人まで乗れる。利用料金は無料だが、降車時にアンケートに協力する。利用時間は午前9時~午後5時。天候や事情によって走行を中止する場合がある。

 アンケートでは利用動機や満足度、メリット・デメリット、支払い意思金額などを調査。岩手河川国道事務所の吉田良勝総括地域防災調整官は「結果を踏まえ、さらに社会実験を行うなど今後の可能性を検証していきたい」とし、広く協力を呼び掛けている。