ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

今季初レース藤沢沸く 東北モトクロス選手権第2戦

(5/9)

砂煙を巻き上げながらコーナーに飛び込むライダー

 2017東北モトクロス選手権シリーズ第2戦岩手大会は7日、一関市藤沢町新沼の藤沢スポーツランドで開かれた。好天に恵まれ県内外のファンや家族連れが詰め掛け、迫力あるレースに熱い視線を送っていた。

 岩手、宮城、秋田の3県を転戦する同選手権シリーズは、今季は4月16日のスポーツランドSUGO(宮城)で幕を開けた。同日が第2戦で、藤沢スポーツランドでは今季初の公式戦となった。

 小学生によるチャイルドクロス(CX)から、国際B級(IB)オープンまでの各クラスに東北はもちろん東京、埼玉、千葉、愛知などから約100人がエントリー。最高峰の国際A級(IA)ライダー3人がオープン参加した。

 開会式や公式練習に続き、午前10時のオープン85ヒート1を皮切りにレースがスタート。砂煙を巻き上げる迫力のレースが繰り広げられた。

 メインスタンドやコース沿いにはレース関係者やファンが並び、豪快なジャンプや白熱したトップ争いを見守った。決勝レースを2度行う2ヒート制でポイントを競った結果、IBオープンは鈴木大将選手(福島)、国内A級(NA)オープンは小笠原大貴選手(埼玉)が優勝した。

 同選手権シリーズは年7戦で、藤沢スポーツランドでは同日の第2戦に続き6月18日に第3戦、10月15日に最終戦となる「SHOEI-CUP」が予定されている。