ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

週イチ体操で介護予防 高齢者の倶楽部、千厩初開設

(5/10)

一関市千厩町内に開設された「週イチ倶楽部 だいんだいん」。健康長寿のまちづくりを目指し、高齢者が介護予防体操に定期的に取り組んでいく

ますます若く 期待込め

 一関市千厩町内に、高齢者の健康づくりを目指す「週イチ倶楽部 だいんだいん」が開設された。住み慣れた地域で元気に暮らすため、住民が週1回以上集まって介護予防体操に取り組むもので、健康長寿のまちづくりに役立てる。

 週イチ倶楽部は、住民主体の介護予防の機会を設けようと、市が住民を支援する形で始めた事業で、3年目。3月末時点で市内12カ所に倶楽部が開設されており、千厩町内では初めてとなった。

 「週イチ倶楽部 だいんだいん」は、NPO法人千厩まちかどケアセンターが運営する小規模多機能型居宅介護施設宅老所せんまやを活動拠点に開設。参加者が介護予防効果が期待できる重りを使った筋力運動「いきいき百歳体操」で体力の向上を図る。

 8日に行われた初回の活動には住民や宅老所の利用者ら約20人が参加。市の保健師の協力で体力測定を行ったほか、重りなしのいきいき百歳体操に取り組み、座りながら両腕を上下、左右に動かしたり、椅子からゆっくり立ち上がる動作を繰り返したりと、和気あいあいとした雰囲気で健康づくりに意欲を高めていた。

 今後は重りを利用しての百歳体操にも取り組み、3カ月後に再度体力測定を実施して体操の効果を確認する。伊藤正一さん(76)=同町千厩字境田=は「体力が付けばますます若くなるのではと期待している。週1回は友人を誘って参加したい」と笑顔を見せていた。

 倶楽部名のだいんは、方言で「来てね」の意味。同倶楽部を開設する宅老所せんまやの大谷寧子所長は「住民が介護保険のお世話にならない体づくりを目指す場にしたい。千厩の町中にあるので、いろんな人に利用してもらえたら」と呼び掛けている。

 同倶楽部は毎週月曜と金曜の2コース開設。週1回、2回のどちらでも参加可能。時間は各午後2~3時30分で、1カ月500円の会費が必要。問い合わせは宅老所せんまや2号館=0191(51)3316=へ。