ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

70周年記念事業へ始動 一関商議所 実行委初会合

(5/14)

部会を設置して事業内容を検討していくことを確認した70周年記念事業実行委の初会合

11月に式典、植樹も

 一関商工会議所(佐藤晄僖会頭)の創立70周年記念事業実行委員会の初会合は12日、一関市駅前の同商議所で開かれた。記念式典や記念植樹など詳しい事業について部会を設置して検討していくことを決めるとともに、今後の一関市や同商議所の在り方を検討、提言する方針を確認した。

 同商議所は1947年5月に社団法人として創立した。市町村合併を受けて2008年4月、市内7商工団体が一本化され、新・商議所が誕生。13年4月には藤沢町商工会と合併して現在の組織・業務体制となり、今年で70周年を迎える。

 初会合には委員20人が出席。実行委員長を務める佐藤会頭は「記念事業は過去を振り返り、これから未来に向けてどのよう歩んでいくか方向付けをする節目で、これから100年に向けて商議所がどうあるべきか、同時に地域の経済をどう活性化していくかにつながるので、検討をお願いしたい」とあいさつ。

 主な事業案が示され、11月15日に記念式典を開催し、功労者表彰などを行うほか、記念祝賀会も予定している。一般向けの記念講演会や植樹も実施。成長著しいベトナムでの視察研修も検討している。提言事業として、式典での発表を視野に同商議所内の若者を中心に今後の市や商議所の在り方について議論する。記念誌も発行し、合併前の旧商工会時代の歴史も含めて振り返る。

 委員からは「海外視察は費用対効果を考慮しながら検討した方がいい」「記念誌は合併後初となるので、合併後を示すサブタイトルがあってもいいのではないか」などの意見が出された。

 実行委の下部組織として▽式典・祝賀会▽記念事業(講演会、植樹、視察研修)▽記念誌-の3部会を設置して今後詳細を詰めていく。