ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

賢治と揮毫の父・祖父に寄せて 東山・詩碑建立70年記念事業

(5/16)

賢治詩碑70年記念事業「賢治とともに 詩と音楽の世界へ」のポスター

谷川俊太郎さん、賢作さん
来月4日ステージ

 一関市東山町の宮沢賢治詩碑「まづもろともに」の建立70年記念事業「賢治とともに 詩と音楽の世界へ 詩人谷川俊太郎・音楽家谷川賢作とたどる、谷川徹三の思い出」は、6月4日午後2時20分から同町の東山地域交流センターで開かれる。地域に受け継がれてきた賢治の精神を次の世代の子供たちに伝えようと、俊太郎さん、賢作さんの親子が詩や音楽のステージを繰り広げる。16日から入場整理券の配布を行う。

 東山賢治の会と町内観光関係者らで実行委員会を組織し、いちのせき元気な地域づくり事業を活用して開催する。

 賢治の「農民芸術概論網要」の一節を刻んだ詩碑「まづもろともに かがやく宇宙の微塵と なりて 無方の空にちらばらう」は、1948年に同町長坂字西元町の新山公園内に建立された。俊太郎さんの父親で、賢治の研究家としても有名な哲学者谷川徹三氏が揮毫(きごう)。晩年の賢治が技師として勤めた東北砕石工場が縁で建てられた。

 当日は、建立当時の関係者などを招いて記念式典を実施。午後3時からは賢作さんと東山小学校児童によるコンサートを繰り広げ、俊太郎さんと賢作さんが父、祖父としての徹三氏についてや、未来の子供たちに伝えたいことなどを語り合う。俊太郎さんの朗読と、賢作さんのピアノによるコンサートも開かれる。

 入場無料。16~23日の期間、東山町内の3市民センターと石と賢治のミュージアムで整理券を配布する。1度の申し込みで配布は2枚まで。

 問い合わせは実行委事務局の同ミュージアム=0191(47)3655=まで。