ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

陶芸家5人、こだわりの器 花と泉の公園 21日まで展示

(5/16)

地元の陶芸家こだわりの食器や花器、アクセサリーなどが並ぶ「陶の五人展」

 一関、奥州両市の陶芸家5人による「陶の五人展」は、一関市花泉町老松の花と泉の公園内にある花拓里(かたくり)の館で開かれている。動物をモチーフにした食器や土の質感が表れた趣ある花器、陶製のアクセサリーなど個性あふれる作品が並び、来場者を楽しませている。21日まで。

 同公園の「ぼたん・しゃくやく祭り」の関連イベントの一つで、地元の陶芸家の作品に触れてもらおうと、2015年から毎年開催。3回目の今年は、南洞史郎さん(阿都麻焼)、井上哲治さん(高鞍窯)、岩田ゆりさん(百目木舎)、小山澄江さん(あすみ工房)、及川能宏さん(香月窯)が展示販売している。

 このうち10年ほど前に作陶を始めた及川さん(36)=同市厳美町=は、焼き締めのコーヒーカップや一輪挿し、ビアカップなど約90点を出展。土の質感と黒や茶色が基調の落ち着いたたたずまいが目を引く。

 及川さんは「焼き締めは同じ土を使っても灰のかかり方、温度で色や光沢が変わる。使いやすさも考えて製作しているので、ぜひ手に取って重さを感じてほしい」と話している。

 入場無料。開催時間は午前9時から午後4時(最終日は3時)まで。