ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

残雪踏みしめ頂へ 栗駒山山開き 夏空、新緑が絶景彩る

(5/22)

広がる青空の下、残雪を踏みしめながら山頂を目指して歩みを進める登山者

 岩手、宮城、秋田各県にまたがる国定公園・栗駒山(1626メートル)は21日、山開きを迎えた。関係者がシーズンの安全を祈願し、多くの登山者が残雪を踏みしめながら新緑の景色を堪能。山頂には充実感に満ちた笑顔が広がった。

 同日は午前8時から一関市厳美町の須川高原温泉前の須川ビジターセンター前で、登山者ら約120人が参加して安全祈願祭が執り行われ、勝部修市長は「何度も山開きに参加しているが、こんなに穏やかな天候は初めて。足元に注意し、みんなで楽しく登山して頂上を目指してほしい」とあいさつ。関係者がテープカットで夏山シーズン到来を祝った。

 同日は、朝から青空が広がる絶好のコンディションで、子供からお年寄りまでが登山。景色をカメラに収めたり、残雪に触れたりしながら歩みを進め、栗駒ならではの風景を楽しんだ。

 多くの登山者は2時間ほどで登頂。万歳三唱や記念撮影をしながら喜び合い、昼食を取るなどして山頂での時間を満喫した。一関市と平泉町が2016年度に農林水産省の「食と農の景勝地」に選定されたことを記念し、山頂で初めて餅まきが行われた。

 初めて一関を訪れて登頂した新潟市中央区の無職小嶋弘さん(70)と昌子さん(69)夫妻は「日常を忘れるほど楽しく、山頂で食べるおにぎりは最高においしい。景色も素晴らしく、また来たい」と笑顔を見せた。