ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

本番も楽しんで 東山小児童 谷川さんと歌練習

(5/31)

谷川さん(手前右)のピアノで合唱する東山小の3年生

賢治詩碑建立70周年記念行事

 一関市東山町で6月4日に開かれる宮沢賢治詩碑建立70年記念事業「賢治とともに 詩と音楽の世界へ」(実行委主催)を前に、音楽家・谷川賢作さん(57)による音楽指導が30日、一関市東山町の東山小学校(廣長秀一校長、児童265人)で行われた。同事業に出演する児童が谷川さんのピアノで歌を練習し、音楽の楽しさに触れた。

 谷川さんは、詩人である谷川俊太郎さんの長男で、同町の賢治詩碑「まづもろともに」の文面を揮毫(きごう)した哲学者谷川徹三の孫に当たる。ピアニストや作曲家として活躍し、映画やテレビ番組のテーマ曲などを担当するほか、朗読と音楽のコンサートを俊太郎さんと全国各地で開催している。

 同校では、3年生52人と4年生46人をそれぞれ指導。来月4日にオープニングコンサートを務める3年生には、自らピアノを弾きながら「100%の元気で歌ってください」と呼び掛け、歌う姿勢や校歌など3曲の歌い方を教えた。

 谷川さんのジャズ風にアレンジした演奏に、児童は初め戸惑いの表情を見せていたが、後半には元気に楽しい歌声を響かせていた。及川莉緒さん(3年)は「ピアノがきれいな音色だった」、鈴木直児君(同)は「本番では大きな声できれいな歌を歌いたい」と意気込みを語っていた。

 谷川さんが同町を訪れるのは初めてで、同日は賢治詩碑や当日の会場となる東山地域交流センターを見学。「子供たちは皆やんちゃでとても良かった。本番も楽しんでもらいたい」と話していた。