ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

歌の輪広げ27年

(5/31)

全日本合唱連盟から受けた感謝状を手にする(左から)阿部さん、亀谷実行委員長(中央)、横地さん

本合唱祭実行委とメンバー
全日本連盟から感謝状

 

 一関市の東日本合唱祭実行委員会(亀谷信行実行委員長)と同実行委員で全日本合唱連盟維持会員の阿部興紀さん(78)=同市桜木町=と横地裕子さん(70)=同市駅前=は、長年にわたって合唱の普及・発展に寄与したとして同連盟から感謝状を受けた。同実行委は「27年間合唱界を支えてきたことが評価されてありがたい」と受賞を喜び、「合唱のまち一関」のさらなる振興に決意を新たにしている。

 同合唱祭は、全国トップレベルの合唱団を招き、交流や鑑賞を通じて一関の合唱の発展を図ろうと1990年から開催しており、これまでに全国から約200団体が出演。次代を担う子供たちの感性、合唱力を育もうと、市内の中学校を対象に合唱団体との交流会なども開催している。

 亀谷実行委員長ら3人は20日に東京都で行われた同連盟創立70年記念式典に出席。同連盟の岸信介理事長から全国の16団体と11人、10年間連続して維持会員として同連盟の活動に賛助した171人に感謝状が贈られた。

 初代実行委員長で受賞3回目の阿部さんは「生きている限りは支援したい。一関を合唱が似合う心豊かな人たちが集うまちにできるよう、活動を続けていく」と語り、同合唱祭の合唱指導者を務める横地さんは「これまでの人生でコーラスの素晴らしさを体感してきた。これからも合唱愛好者の力になれたら」と笑みを浮かべた。

 同実行委の受賞は2回目。亀谷実行委員長は「市民や行政の支援、協力のおかげで開催

できている。評価していただいた期待に応えられるよう市民を巻き込んだ楽しい合唱祭にしたい」と意欲を見せている。

 今年の第28回東日本合唱祭は10月14日に同市大手町の一関文化センターで開かれる。