ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

平泉、浄土思想分かりやすく 6カ国語対応

(6/2)

平泉文化を外国人観光客にも分かりやすく紹介するために多言語対応で制作したDVD「平泉」

DVD制作、誘客活用も

 平泉町は、平泉の世界遺産を映像で分かりやすく紹介するDVD「平泉」を制作した。同町の平泉文化遺産センターなどで日本語を含め6カ国語で視聴でき、国内外から訪れる観光客に平泉文化への理解促進を図る。教育旅行で訪れる中学生の事前学習や海外の旅行会社などに対するプロモーションにも活用し、平泉への誘客につなげる。

 制作したのは「平泉~仏国土・浄土をあらわす文化遺産~」(約18分)と「甦(よみがえ)る都市平泉(リニューアル版)」(約14分)のDVD2枚組。日本語、英語、台湾中国語、韓国語、タイ語、フランス語に対応している。

「平泉~仏国土・浄土をあらわす文化遺産」の1場面

 浄土思想に基づいた建築や庭園など平泉の文化、当時の人が思い描いた平泉のまちづくりを、国内はもとより外国人にも分かりやすく紹介するために制作した。

 「平泉~仏国土・浄土をあらわす文化遺産~」では、金の鶏を模したキャラクター「こがね丸」の案内で奥州藤原氏の浄土思想や文化を解説。世界遺産平泉の構成資産である中尊寺、毛越寺、無量光院、金鶏山などの実際の映像にコンピューターグラフィックス(CG)で平安時代を再現した映像などを交え、伝統行事や芸能の映像、クイズなども取り入れて仕上げている。

 「甦る都市平泉」は、2003年度に作製した平安時代の平泉をCGで推定復元した動画で、最新の研究成果を反映させてリニューアル。中尊寺、毛越寺、柳之御所、無量光院、金色堂をはじめ、毛越寺大路のにぎわいなどを再現している。

 DVDは100組を制作。総事業費は950万円で15年度地方創生加速化交付金を翌年度に繰り越して充てた。

 同センターのほか、4月にオープンした道の駅平泉でも世界遺産平泉のガイダンス映像として放映。町外に貸し出しも行う。町観光商工課の菅原勇弥主査は「視覚に訴える効果は大きく、このほど完成したバーチャルリアリティー(仮想現実)とセットで平泉の世界遺産により理解が深まると思う。これを見てぜひ現地を歩いてほしい」と話している。

 問い合わせは同課=0191(46)5572=へ。