ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

一関から五輪選手を トップアスリート育成強化へ補助金

(6/6)

市、月内に対象選考

 一関市は、日本を代表するスポーツ選手の育成を支援するため、2017年度から新たにトップアスリート育成強化支援事業を実施する。市内を拠点に全国大会や国際大会で活躍する中学生以上の選手おおむね3人を選考し、1人当たり年間30万円を上限に補助金を交付する。市内の各種目別競技協会や学校などを通じて男女12人の推薦書が市に提出されており、6月中に選考する予定。5日の定例会見で勝部修市長は「五輪選手を一関からぜひ出したい」と意欲を語った。

 同事業は、地元選手の競技力向上とスポーツ大会で活躍する選手の育成強化が目的で、必要な経費に対して一定額を補助する取り組み。今年度一般会計当初予算に初めて盛り込まれた。

 対象者は市内在住の中学生以上で、市内を活動拠点として全国大会や国際大会での活躍が期待される選手。強化試合・合宿や優秀な指導者を招いて行われる強化事業に出場・参加する経費(交通費、宿泊費、会場使用料、参加負担金など)に対して補助する。

 市スポーツ振興課によると、競技種目の対象は五輪、パラリンピック、国体、全国障害者大会、高総体、中総体で行われているものとし、募集は年1回。短期間での事業効果は難しいことから、当面は毎年度事業を継続していく方針だ。

 今年度は5月に市内の各種目別競技協会や学校などに呼び掛けて選考対象選手を募った結果、社会人2人、高校生4人、中学生6人の推薦書が提出された。

 6月中の選考委員会を経て育成強化選手を最終決定することにしており、来年度以降の選考人数について勝部市長は「今後の状況次第で検討する」と話している。