ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

清流化で大臣表彰 弓手川結いネット 長年の活動評価

(6/14)

千厩川の清流化を目指してごみ拾いに取り組む清掃活動の参加者=5月14日、一関市千厩町

 一関市の弓手川結いネットワーク(千田恭平代表)は、2017年度地域環境保全功労者として環境大臣表彰に選ばれた。河川の清掃活動などを通じて地域の環境保全意識の醸成に貢献したことが認められたもので、関係者は地域一体となった清流化活動の継続に意欲を示している。

 同ネットワークは03年に地元のボーイスカウトや女性団体など6団体で結成。弓手川(千厩川)の流域に暮らす人々が連携し、河川清掃や水生生物調査、サケの稚魚放流、源流域での植樹など、他団体と協力しながら環境保全を意識した幅広い活動を展開している。

 千厩川の清流化を目指す清掃活動「千厩川元気再生大作戦」は千厩、川崎の2会場で実施する恒例の取り組み。今年は千厩会場に地元自治会や事業所、関係団体などから約200人が参加し、川の中や周辺に捨てられたごみを拾い集め、河川の環境美化に努めた。

 長年の活動が功を奏し、一時は地域から姿を消したホタルがここ数年、奥玉や千厩など千厩町内各地区で確認されるようになったという。千田代表(63)は「子供の頃は近くの川や田んぼにホタルがたくさん飛んでいた。時代や環境の変化で一時は見掛けなくなったが、住民の積極的な活動によって確認される回数が増えてきた」と、地道な取り組みの成果を喜ぶ。

 「住民の目が自然に向くようになり、改めて里山の良さに気付く時代になった」と千田代表。「自然環境は意識して守っていかないと次の世代に残していけない。今まで通り肩に力を入れず、気軽に参加してもらえる活動を続けていきたい」と前を見据える。

 環境省では、地域の環境保全、環境美化に関して功績があった個人、団体に環境大臣による表彰を毎年度実施。今年度は全国から42人、75団体が選ばれ、県内からは1人、3団体が選出された。14日に東京都内で表彰式が行われる。