ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

ハーブとの出会いを 24、25日 全国サミット

(6/17)

フェスティバル 市内3会場

 24日の全国ハーブサミットは、ハーブの個性と特色を生かし魅力あるまちづくりを進めるイベントで、県内初開催。全国ハーブサミット連絡協議会(会長・勝部修一関市長)が主催する。

 午後2時から同市藤沢町の藤沢文化センター「縄文ホール」でフォーラム&パネルディスカッション「ハーブスペシャリスト達、和ハーブを語る」を実施。パネリストを小田嶋次勝さん(建部清庵文化顕彰会長)、坂出富美子さん(カリス成城相談役)、外山たらさん(日本コミュニティーガーデニング協会長)ら7人が、コディネーターを宍戸多恵子さん(JHS仙台支部長)が務め、和ハーブの魅力と暮らしへのハーブの取り入れ方を提案する。

 その後、会場を同市花泉町の花と泉の公園に移して交流会を開き、次回開催地の鹿児島県鹿屋市へ引き継ぐ。

 同時開催の一関ハーブフェスティバルは、実行委員会の主催。24、25の両日、同市田村町の世嬉の一、花と泉の公園、同市藤沢町の館ケ森アーク牧場の3会場で多彩なイベントを繰り広げる。

 世嬉の一では「清庵の里を訪ねて」をテーマに、絵手紙や写真の展示、清庵野草園の散策などを予定。花と泉の公園では「エディブルフラワー・食のすすめ」をテーマに、エディブルフラワーを使ったもち料理の振る舞いなどを行う。館ケ森アーク牧場では「ラベンダーフェスタ」をテーマに、不来方高校音楽部、藤沢中学校の生徒らによるラベンダー畑でのコンサートなどを催す。期間中はシャトルバスを運行し3会場を結ぶ。

 実行委は「暮らしを豊かにする魅力いっぱいのハーブのエネルギーを、多くの人々に再認識してほしい」と来場を呼び掛けている。

 ハーブサミット、ハーブフェスティバルの問い合わせは市役所藤沢支所産業経済課内の実行委事務局=0191(63)5317=へ。