ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

第14回「北展」 審査結果

(3/4)

 岩手日日新聞社主催の公募作品展・第14回「北展」の審査は3日、奥州市水沢区佐倉河のめんこい美術館で行われた。岩手芸術祭美術展洋画部門理事長の石川酉三さん(盛岡市)らが会場に飾られた62点を審査し、北展大賞をはじめ、優秀賞2点、奨励賞3点、佳作5点、岩手日日新聞社特別賞1点を選んだ。第14回北展は4日開幕する。

 作品と入賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇北展大賞▽「深層心理-『私的時空』」佐藤英子(奥州市、油彩)
 ◇優秀賞▽「浜の記憶」小田原アエ子(奥州市、油彩)▽「磐井の人Ⅱ」遠藤守夫(同、彫刻)
 ◇奨励賞▽「古代の記憶」兒玉智江(北上市、彫刻)▽「マグマ」遠藤幸廣(奥州市、その他)▽「氷響」堀田英二(北上市、ミクストメディア)
 ◇佳作▽「3・11銘肌鏤骨」永野幸夫(北上市、ペン画)▽「日だまり」浅利文子(奥州市、油彩)▽「水神」阿部龍一(北上市、現代美術)▽「未完成」小野寺利子(奥州市、油彩)▽「飄飄」八重樫篤(一関市、現代美術)
 ◇岩手日日新聞社特別賞▽「冠雪のブナ林」菊池洋(奥州市、水彩画)

大賞に佐藤さん(奥州)

北展大賞に決まった佐藤さんの作品「深層心理-『私的時空』」

北展大賞に決まった佐藤さんの作品「深層心理-『私的時空』」

 岩手日日新聞社主催の公募作品展・第14回「北展」は4日、奥州市水沢区佐倉河のめんこい美術館で開幕する。3日は市内外から集まった応募作品62点の審査を行い、北展大賞は佐藤英子さん(奥州市)の油彩「深層心理-『私的時空』」に決まった。

 北展は県南地方を中心に絵画や彫刻などの創作に取り組む人の成果の発表の場として開かれている。県と県教委、市文化振興財団、一関ケーブルネットワーク、奥州エフエム放送が後援する。

 作品は奥州市や一関市、北上市など県南地方をはじめ、紫波町や滝沢市の作家から油彩、水彩、水墨、パステルによる絵画や、陶芸、彫刻、現代美術などが寄せられ、審査で北展大賞と優秀賞、奨励賞、佳作、岩手日日新聞社特別賞の12点を選んだ。

 北展は31日まで。開場時間は午前9時~午後4時30分(最終日は午後2時)。火曜日休館。入場無料。最終日は会場で表彰式が行われる。