ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

一関ベアーズ優勝 岩手日日旗学童野球

(10/26)

大東との延長制す

岩手日日旗争奪一関学童軟式野球大会を制した一関ベアーズのナイン

岩手日日旗争奪一関学童軟式野球大会を制した一関ベアーズのナイン

 第38回岩手日日旗争奪一関学童軟式野球大会(一関野球協会、岩手日日新聞社主催)は最終日の25日、一関市萩荘の一関運動公園野球場で準決勝と決勝が行われた。決勝では一関ベアーズスポ少が大東野球スポ少を延長戦の末、8-6で下して優勝を飾った。

 決勝は一進一退の攻防が繰り広げられ、6-6の同点で延長戦へと突入。延長戦は無死満塁から始まる特別ルールで行われ、一関ベアーズは押し出し四球で2点を勝ち越した。八回から再びマウンドに上がった右腕千葉響投手(6年)は「絶対にリードを守り切ろうと思った。コースを突くことを意識して投げた」と安定した投球で粘る大東を振り切り、出場17チームの頂点に立った。

 高橋幸洋監督は「延長特別ルールを守り切ったのは、選手たちが大きく成長した証拠。投手陣もよく踏ん張ってくれた」と相好を崩した。

 高橋紬主将(6年)は「同点に追い付かれた時もみんな集中していた。諦めないで、最後まで粘り強く戦うベアーズの野球ができた」と喜びをかみしめていた。

 最優秀選手賞(MVP)には、決勝で力投した千葉投手が選ばれた。敢闘賞は大東の佐藤彗斗選手(6年)、優秀選手賞は一関ベアーズの高橋主将と菅原蓮選手(同)、大東の加藤優花選手(同)がそれぞれ受賞した。