ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

「復興国体」盛り上げ 釜石 被災地で新種目OWS

(9/7)
オープンウオータースイミングの開始式で選手宣誓する(左から)桑添、石川両選手=6日、釜石市根浜海岸特設会場

オープンウオータースイミングの開始式で選手宣誓する(左から)桑添、石川両選手=6日、釜石市根浜海岸特設会場

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」は6日、釜石市根浜海岸特設会場で、オープンウオータースイミング(OWS)が開かれた。東日本大震災の被災地で初めて開かれる国体正式種目に、リオデジャネイロ五輪出場選手を含む全国から78人が出場し、白熱した海上レースで「復興国体」を盛り上げた。

 1周約1キロのコースを5周する5キロで行われ、全国から男子38人、女子40人が出場。競技前の開始式で野田武則釜石市長は「復興はまだ道半ばだが、たくさんの関係者のおかげで会場設営ができた。地元も含め多くの人々が応援しているので、選手の皆さんには悔いのない大会にしてもらいたい」とあいさつ。

 選手を代表し、本県の桑添陸(盛岡南高)、石川舞花(至学館大)両選手が「感謝と誠意の気持ちを込め、勇気と元気と感動を届けられるよう最後まで競技する」と力強く宣誓した。

 県勢は男子の桑添選手が10位、女子の石川選手が15位だった。7日は水球の決勝、3~8位決定戦、女子エキシビションが行われる。