ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

本番向け最終確認 北上 総合開・閉会式リハ

(9/26)
岩手国体の総合開会式のリハーサルでプラカードを持って入場行進する北上翔南高の生徒=北上総合運動公園陸上競技場

岩手国体の総合開会式のリハーサルでプラカードを持って入場行進する北上翔南高の生徒=北上総合運動公園陸上競技場

 10月1日に開幕する第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」の総合開・閉会式のリハーサルは25日、北上市相去町の北上総合運動公園陸上競技場で行われ、本番に向けての式典運営やボランティアらの対応などを最終確認した。

 リハーサルには式典出演者、都道府県応援団、ボランティア、実施本部員ら関係者約8000人が参加し、午前8時から閉会式、開会式の順で行われた。46年前の岩手国体で使用され、修復した炬火(きょか)台も初めて披露された。

 開会式では、オープニングイベントでダンスや郷土芸能などの出演団体が演技を練習。入場行進では各都道府県選手団の先導役を務める北上翔南高校の生徒がプラカードの持ち方や歩き方などを確かめた。

 オープニングイベントに出演するコスモス・キッズ(一関市)の一員の沼倉ひまりさん(山目小学校3年)は「しっかりとポーズが決まった。本番では元気よく踊りたい」と語った。式典の入場行進で本県のプラカーダーを務める及川真美子さん(北上翔南高2年)は「岩手のプラカードを持てて光栄。本番でも選手たちをしっかり先導できる行進をしたい」と意欲を見せた。

 県国体・障がい者スポーツ大会局の岩間隆局長は「非常にうまくいった。あと6日で細かい部分を確認し、それぞれの役割をしっかり果たせるよう本番に向けて意識を高めていく」と話していた。

 岩手国体の総合開会式は来月1日午前11時から、総合閉会式は同11日午後2時から同競技場で開催される。

 競技は岩泉町を除く県内24市町村で正式36競技、特別競技の高校野球(硬式、軟式)が行われる。