ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

両陛下が来県 国体開会式出席へ 震災復興状況も視察

(9/29)
県民の出迎えに手を振り応えられる天皇、皇后両陛下=28日午後、花巻市のいわて花巻空港

県民の出迎えに手を振り応えられる天皇、皇后両陛下=28日午後、花巻市のいわて花巻空港

 天皇、皇后両陛下は28日、東日本大震災の復興状況視察や希望郷いわて国体の総合開会式出席などのため、来県された。宿泊先まで車で移動する途中の立ち寄り先や沿道で出迎えた県民約1万3000人(県発表)に、にこやかな表情で何度も手を振り、歓迎に応えられた。10月2日まで滞在される。

 両陛下は、正午すぎに特別機で花巻市のいわて花巻空港に到着し、達増拓也知事、田村誠県議会議長、堀誠司県警本部長ら関係者の出迎えを受けた。車で同空港出発後は、遠野、釜石両市を経由して大槌町の三陸花ホテルはまぎくまで移動。途中で花巻市東和総合支所、遠野市総合防災センター、釜石市の釜石地区合同庁舎に立ち寄られた。

 このうち花巻市東和総合支所では、正面玄関前で市民約200人が日の丸の小旗を振り歓迎した。総合支所内では達増知事から震災の復興状況などを聞かれた。

 これまでの来県でも手を振り歓迎したという同市東和町土沢の小田島節子さん(66)は「岩手に来ていただき、ありがたい。お元気そうでほっとした」としながら、生前退位のお気持ちを表明したことには「ご高齢でもあり、お気持ちを尊重したい」と話した。

 両陛下が宿泊先に到着した後で記者会見した達増知事は「被災地復興の現場を訪問され、国体開会式に臨んでくださり、県民として本当にありがたい。県民にとっては復興を進めていく上での大きなお力を頂いた思いだ」と語った。さらに、天皇陛下から「台風の被害はどうですか」と質問があり、被害状況を説明したことも明らかにした。

 両陛下の来県は2013年7月以来。今回は津波で大きな被害を受けた大槌町や山田町などを訪れた後、10月1日に北上市の北上総合運動公園で行われる岩手国体の総合開会式に出席し、2日にJR盛岡駅から帰京される。