ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

情報発信拠点を開設 盛岡駅 グッズ販売、ステージも

(10/1)
おもてなしパビリオンの国体・観光案内所で、来客の応対に当たるスタッフら

おもてなしパビリオンの国体・観光案内所で、来客の応対に当たるスタッフら

 1日開幕する希望郷いわて国体・いわて大会を踏まえ、いわて観光キャンペーン推進協議会などは30日、県内情報の発信拠点となる「いわてまるごとおもてなしパビリオンin盛岡」を、盛岡市のJR盛岡駅滝の広場に開設した。両大会期間中、全国から訪れる選手らに大会や観光に関する情報を発信し、県内周遊を促す。

 本県を訪れた選手団などに大会関連情報や観光情報を提供し、おもてなしの心で出迎えようと企画した。

 開設期間は、いわて国体が開催される11日までといわて大会の22~24日の2回。競技結果など大会関連情報のほか、県内各地の観光情報、東日本大震災からの復興を伝えるパネル展示などを行い情報発信するほか、大会関連グッズや特産品を販売するブースを設け、盛岡さんさ踊りの披露などのステージイベントも行われる。このほかチャグチャグ馬コの撮影会や盛岡山車の展示なども行う。

 案内所スタッフとしてボランティア参加している盛岡市の会社員有賀みさとさん(39)は「国体以外の観光スポットにも行ってもらえるよう、岩手に来て楽しかったと思っていただけるよう笑顔で明るく接したい」と接客に当たった。

 硬式テニス競技に出場する鳥取県の新納圭冴君(16)=米子北斗高校1年=は「一生懸命プレーする姿を見せて、被災者を元気づけたい」と意欲を見せていた。愛媛県高野連理事を務める松本賢太郎さん(47)は「来年の愛媛国体に向け運営面や施設の準備などについてしっかり勉強し、来年はお迎えしたい」と抱負を話していた。

 開設時間は午前10時~午後6時。