ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

天皇杯2位浮上 3競技V 2巡目国体で最高成績

(10/11)
剣道成年男子で初優勝を飾った本県チーム=10日、二戸市総合スポーツセンター

剣道成年男子で初優勝を飾った本県チーム=10日、二戸市総合スポーツセンター

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」は10日、県内各地で競技を行い、県勢は剣道、レスリング、カヌーの3競技で優勝を飾った。競技得点は1923点となり、天皇杯(男女総合成績)順位は1位東京と596・5点差の2位に浮上。目標の天皇杯8位以内と、2巡目国体で過去最高順位、得点が確定した。

 剣道は菅野隆介(盛岡四高教)、古舘将(花巻南高教)、小田口享弘(三井住友海上)、赤嵜竜一(盛岡南高教)、下川祐造(県警察学校)の成年男子が決勝で東京を4―1で破り、初の栄冠。剣道の優勝は成年女子、少年女子に続き三つ目。

 レスリング成年男子グレコローマンスタイル66キロ級は川瀬克祥(県体育協会)が優勝、同98キロ級の横澤徹(盛岡市役所)が3位だった。

 カヌースプリント200メートルは、少年女子の中前いつき(不来方高)がカヤックシングルを制し、500メートルに続き2冠。少年女子カヤックフォアは不来方高勢が3位に入った。ボクシングは成年男子フライ級の星和也(東洋大)、ミドル級の梅村錬(拓殖大)がともに2位。クレー射撃成年スキート団体は2位、弓道成年女子近的と空手道組手団体は3位だった。ホッケー少年女子は2位、少年男子は3位となった。

 県勢の競技得点は目標の1550点(参加点400点含む)を上回り、1988年の2巡目国体以降で最高成績となった。最終日(11日)を残し、天皇杯順位は東京の1位が既に確定。開催県以外が天皇杯を獲得するのは、2002年の高知国体以来14年ぶりとなる。