ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

餅振る舞いに舌鼓 鉄道の日 盛岡駅まつりにぎわう

(10/16)
つきたての餅を味わおうと大勢の人が列をつくった盛岡駅まつり

つきたての餅を味わおうと大勢の人が列をつくった盛岡駅まつり

 「鉄道の日」(14日)にちなんで、JR盛岡支社主催のイベント「盛岡駅まつり&復興応援市」が15日、盛岡市のJR盛岡駅前滝の広場で開かれ、訪れた大勢の家族連れらがつきたての餅の振る舞いやステージイベントなどを楽しんだ。

 「鉄道の日」は、1872(明治5)年10月14日に新橋-横浜間で日本初の鉄道が開業したのを記念して制定され、国土交通省と鉄道事業者などが毎年、全国で多彩なイベントを展開している。

 イベントでは、紫波町の紫波ひめ隊による餅つきの実演とつきたて餅の振る舞いが行われたほか、さんさ踊りや極真空手の演武、不来方高校合唱部による合唱など多彩なステージが披露された。

 縁日風に射的や輪投げ、ダーツなどを楽しめるコーナーや三陸の海産物などを販売するコーナーなども用意され、訪れた人たちは好天の下で思い思いに秋の一日を楽しんだ。

 田沢湖線全線開通50周年記念イベントも合わせて開催され、道の駅雫石あねっこによる出店や雫石町の観光PRも行われた。

 新幹線をモチーフにしたJR盛岡支社のイメージキャラクター「新幹線トレインジャー」と記念撮影するコーナーが人気を集めたほか、餅の振る舞い時には大勢の人が列をつくってつきたての餅を味わった。

 紫波町の片山勝淳さん(40)は「普段、見ることのできない餅つきの風景を見ることができて良かった」と楽しんだ様子だった。