ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

県高校駅伝男子 一関学院V22 女子は盛岡誠桜制す

(10/21)
全国高校駅伝競走大会県予選会で22年連続26度目の優勝を飾った一関学院のアンカー小倉朝陽=花巻市・日居城野陸上競技場

全国高校駅伝競走大会県予選会で22年連続26度目の優勝を飾った一関学院のアンカー小倉朝陽=花巻市・日居城野陸上競技場

 男子第67回、女子第28回全国高校駅伝競走大会県予選会(県高校体育連盟など主催)は20日、花巻市松園町の日居城野陸上競技場を発着点とするイーハトーブ花巻ハーフマラソンコースで開かれ、男子は一関学院が2時間13分2秒で22年連続26度目の優勝を飾った。女子は盛岡誠桜が1時間14分26秒で10連覇を遂げた。一関学院と盛岡誠桜は、12月25日に京都市で開催される全国大会に出場する。

 男子(7区間、42・195キロ)はオープン参加の連合2チームを含む29チーム、女子(5区間、21・0975キロ)は18チームが出場。一関学院は1区でトップに立つと、2区以降も後続との差を広げて独走態勢を築き、2位を2分以上引き離してゴールした。盛岡誠桜は、全区間で区間賞を取る盤石のレース運びを見せ、2位に6分近い大差をつけて圧勝した。

 県南勢では、男子の専大北上、女子の花巻東がともに2位。女子の北上翔南が4位、一関一が5位入賞した。男女の上位5チームは、11月10日に同コースで開かれる東北大会に出場する。