ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

復興ドラマ2作品制作 出演者ら県庁で発表会 来年1月完成目指す

(11/18)
「岩手復興ドラマ」制作発表会で意欲を語る(左から)下山監督、高橋さん、太田さん、刈屋さん、都鳥拓也監督、伸也監督、松本さん

「岩手復興ドラマ」制作発表会で意欲を語る(左から)下山監督、高橋さん、太田さん、刈屋さん、都鳥拓也監督、伸也監督、松本さん

 東日本大震災からの復興の歩みを題材にした「岩手復興ドラマ」の制作発表会は17日、県庁で行われ、原作となる公募の2作品の概要や監修を務める作家高橋克彦さんを含めた本県ゆかりの制作スタッフが発表された。主演は一般公募で選ばれた東京都の女優太田いず帆さん(29)=宮古市出身=、盛岡市の会社員刈屋真優さん(23)がそれぞれ務め、ドラマを通し震災の記憶や復興を全国に発信する。12月から県内で撮影を開始し2017年1月下旬の完成を目指す。

 県などが取り組む東日本大震災復興動画制作プロジェクトとして、復興庁の被災者支援総合交付金を活用。8月に公募を行った原作には県内外から75作品、出演者は202人の応募があった。

 会見には高橋さんら制作スタッフと出演者計8人が出席。「日本一ちいさな本屋」(原作小松則也さん・大船渡市)は同市三陸町吉浜を題材に、大震災の被害を手作り絵本で語り継いでいく家族の物語。監督は盛岡市在住の下山和也さん、主演は太田さんで女優藤田弓子さんも特別出演する。

 「冬のホタル」(原作佐々木俊夫さん・大船渡市)は、震災のボランティアで本県を訪れた女性と地域住民との出会いを描くもので、監督は北上市在住でドキュメンタリー映画を制作する双子の都鳥拓也さん・伸也さんが務める。刈屋さんが主演し俳優長谷川初範さんが特別出演する。いずれも脚本は道又力さんで両作品とも20分程度の予定。ストーリーテラーとして村上弘明さんも出演するほか、テーマソングは奥州市出身のシンガー・ソングライラー松本哲也さんが手掛ける。

 太田さんは「地元への恩返しとして、沿岸の人の強さを伝えたいのと同時に心に寄り添える作品にしたい」、刈屋さんは「芝居をやったことがなく不安だが、ドラマを見た人が前向きな気持ちになれるよう頑張りたい」とそれぞれ意気込みを語った。高橋さんは「岩手が被災者に寄り添う覚悟や誇りに思える発信力を持った作品になる」と期待を込める。

 今後は大船渡市や陸前高田市などで撮影を行う。2月に県内のテレビ局で放送されるほか、3月には県公式動画チャンネルのほか、盛岡や北上、一関など県内6カ所で上映する予定。