ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

新型SUV 岩手で生産 トヨタ東日本 白根社長が明言

(11/24)

 トヨタ自動車東日本(本社宮城県大衡村、資本金68億5000万円)の白根武史取締役社長は23日、金ケ崎町の岩手工場で行われた正社員登用者入社式で、年内発売予定の新型スポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」を同工場で生産することを明らかにした。

 白根社長は式終了後、記者団の質問に答え、同工場での生産に触れた新型SUV「C-HR」について「トヨタがコンパクト車でSUVを出すのは初めてで、今までなかったジャンルの先駆けとして絶対に成功させたい。心に響く、末永くご愛顧いただける車にしていきたい」と語った。

 同社として「コンパクト車は競争の激しいカテゴリーで、グローバルに対して勝ちにいくためのものづくりを、われわれが引っ張っていかなければならない。生産現場、生産技術、設計開発の三位一体で良い車造り、効率よい工程を編み出し、世界のトヨタの拠点へ展開していくことが大きな仕事だ」と決意を示した。

 同社によると「C-HR」の詳細については、トヨタ自動車で後日正式な発表を予定しているという。

正社員登用者を代表し、白根社長(左)に職務精励への決意を述べる野尻さん

正社員登用者を代表し、白根社長(左)に職務精励への決意を述べる野尻さん

期間従業員を正社員に登用 今年度101人 岩手工場入社式

 トヨタ自動車東日本は23日、岩手工場での2016年度正社員登用者入社式を金ケ崎町の同工場で行った。期間従業員から今年度正社員に登用された101人は新車種生産などの一翼を担う決意を新たに、職務精励を誓った。

 式には、15年度の正社員登用者入社式に出席できなかった15人を含む116人が出席。白根社長は「皆さんを正社員として迎えられることをうれしく思う。一人ひとりが仕事に心を込め、プロとしての誇りと責任を持ち、お客さまの心に届くよう日々の業務に取り組んでほしい」と激励。

 登用者を代表し、同工場塗装成形部の野尻大輔さん(32)=北上市在住、静岡県出身=が「安全順守、品質向上、あらゆる改善に取り組んでいこうと決意を新たにしている。『C-HR』の立ち上げを必ず成功させるため、生産活動に努めていきたい」と宣誓した。

 同社では、岩手工場で1年以上期間従業員として勤務した人を対象に試験を行い、7月1日付で51人、今月1日付で50人を正社員に登用した。22歳から50歳まで全員男性で雇用期間は平均約7年、本県出身者は93人。同工場での期間従業員からの正社員登用は15年度の99人と合わせ、2カ年で200人となった。