ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

犬と歩んだ1万年 県立図書館企画展 所蔵資料で紹介

(12/27)
盛岡市の県立図書館で開かれている企画展「犬と生きる~ともに歩んだ1万年」

盛岡市の県立図書館で開かれている企画展「犬と生きる~ともに歩んだ1万年」

 県立図書館の企画展「犬と生きる~ともに歩んだ1万年」は、2017年1月22日まで盛岡市のいわて県民情報交流センター(アイーナ)4階の同館展示コーナーで開かれている。同館が所蔵する犬に関する図書資料を紹介、犬をめぐるさまざまな解説のパネル展示なども行っており、約1万年にも及ぶ犬と人の深い関わりを伝えている。

 企画展は人間にとって古くからの身近なパートナーである犬をテーマにしたもので、「犬と人とのはじまり」「犬の郷土史」「犬と生きる」の3章に分けて同館が所蔵する小説や随筆、図鑑、新聞、雑誌、古文書など98点の資料を展示したほか、館外貸出用図書として90点を配置した。また、「犬の起源と歴史」「犬をめぐる信仰」「江戸時代の犬」「岩手犬」「社会で活躍する犬たち」「失われる命守られる命」などの分野でパネルの解説も加えている。

 このうち、岩手犬は奥羽山系の山間集落に生息した地犬で、かつては猟犬としてマタギらに飼われていた。筋肉質で嗅覚が鋭く、寒さに強いなどの特性があり、岩手犬の名称は1935年に専門家が提唱。マタギの減少や有能な性質のため高値で取引されたことなどもあり、昭和の後半になると純粋な在来種はほとんど姿を消したという。

 このほか、企画展に合わせて「ワンワン大集合!」と銘打ち、来館者が撮影した愛犬の写真の展示なども行っている。期間は来月15日までで、写真は3階の総合カウンターで受け付けている。

 開館時間は午前9時~午後8時。年末年始は28日から来月3日まで休館する。問い合わせは同館=019(606)1730=へ。