ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

ラグビーW杯 成功向け役割考えて JTB講演会

(2/19)

W杯成功に向けエールを送る清宮氏

清宮氏が県民にエール

 ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロ監督の清宮克幸氏による講演会は18日、盛岡市内のホテルで開かれた。「ピンチの後にチャンスあり~ラグビーの熱は、地域も人をも変える。2019年に向けて」と題し講演した清宮氏は、2019年に釜石市など国内で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)を踏まえ「成功に向け、一人ひとり何ができるかを考えることが大事だ」とエールを送った。

 JTBの主催。約2年半後に迫ったラグビーW杯に向け、県内スポーツツーリズムの機運醸成を図ろうと開いた。

 約350人が来場。JTB東北の伊沢洋平取締役営業部長は「ラグビーW杯は日本中の人と人とが交流する絶好のチャンス。講演を通じて開催への意識を高め、岩手県全体で大会を盛り上げていくことにつなげたい」と呼び掛けた。

 講演の中で清宮氏は、15年のW杯で活躍した日本代表に関する裏話や、自身が監督を務めた早稲田大、ヤマハなどでのエピソードを交えながら「熱を大切にするマネジメントとオリジナリティーを追求する二つを柱に結果を出した。強い組織や結果を出す組織には柱になる言葉がある。言葉は行動を変え、やらなければならない仕事をきっちりこなすようになり、それが全員の調和にもつながる」とチームを成功に導く秘訣(ひけつ)を披露。「ピンチがあったからチャンスが来た。勝つチームには必要な事実が絶対ある」と語った。

 最後に「W杯を成功させなければならない。その立場にある人間が果たすべき役割があるので、何ができるか皆さんが考えてほしい」と県民の盛り上げに期待した。