ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

岩手のうまいもの充実 フェザン改装開店

(3/18)

リニューアルオープンし、大勢の来店客でにぎわう駅ビル・フェザン1階の「おでんせ館」

 盛岡ターミナルビル会社(田口信之社長)が運営する盛岡市の盛岡駅ビル「フェザン」が17日、リニューアルオープンした。南館を「おでんせ館」に改称した上で1階の食ゾーンを拡大。県内企業を中心にレストランと土産・物販の2ゾーンに計37店舗を集め、初日から大勢の買い物客らでにぎわった。本館の改装は5月下旬まで段階的に続く。

 天井や壁、柱などに南部鉄器をイメージした黒や木目調の落ち着いた色彩を採用。新設したレストランエリアには、名物のじゃじゃ麺店「白龍(ぱいろん)」や海鮮料理「丼の店 おいかわ」、県産肉が味わえる全農県本部直営のグリルレストラン「みのるダイニング」のほか、地酒を提供する「南部ビストロ うんめのす」など飲食店9店をそろえた。また、土産・物販エリアは面積を広げ、岩谷堂羊羹(ようかん)で知られる「回進堂」や和洋菓子店「フルールきくや」が新たに入居するなど、弁当や総菜販売店を含め計28店舗を開設。このうち18店舗が初出店となる。

 17日は現地でオープニングセレモニーが行われ、テープカットで祝った。田口社長は「駅を利用するビジネス、観光のお客さまに岩手の良い物、おいしい物を情報発信し、地域にも愛される売り場づくりをしたい」、出店店舗を代表して回進堂の菊地清代表取締役は「店内は明るく、モダンで清潔感ある店がお待ちしている。皆さまに満足いただけると確信している」と意欲を示した。初日は開店前から大勢の客が列をつくり、開店と同時に店内はどっと人であふれた。

 改装は、ファッションや雑貨が中心の本館1~3階でも進められており、第2期は24店舗が4月28日、第3期は5店舗が5月下旬にリニューアルオープンする予定。

 一方、JR盛岡支社(大内敦支社長)も同駅の一部をニューアルオープンさせ、フェザンとの一体感を高めた。